食肉に関する助成研究調査成果報告書
 昭和57年度以降毎年度、食肉及び食肉加工品に関する基礎的かつ広汎な研究調査を行う研究機関に助成し、その研究調査の成果を取り纏めて、「食肉に関する助成研究調査成果報告書」として毎年12月中旬頃までに公表しております。

  昭和57年度から平成25年度までの間に助成した研究調査の成果については、報告書(VOL.1〜32)として公表 しており、国立国会図書館・都道府県立図書館・都道府県農林担当部及び国公私立大学農学部等に配布 しております。
  なお、この報告書は非売品であり、内容をご覧になりたい方は、図書館等の配布先でお願い申し上 げます。

 平成11年度から27年度までの研究成果については、その要約を当ホームページに掲載してあります。

 設立以来平成28年度までの助成件数は1,995件、助成金額では16億24百万円となっています。



 日 本 食 肉 文 化 史
 平成3年に創立10周年を迎え、その記念行事の一環として「日本食肉文化史」を発刊したものであり、日本民族が有史以前より現代に至るまで食肉とどのように関わってきたかを取り纏めたものであります。 これまで産業史などの研究者により発掘され分析された資料等を集大成し、興味をもって読んでいただけるよう、つとめて平易に編集したものであります。

 この文化史には、人類と食肉の起源、古代日本の狩猟採集生活、食肉を禁じた王朝時代、中世武家社会と肉食の関係、封建社会と食肉文化の裏表、文明開化と肉食のすすめ、食卓から消えた肉食、飽食時代における食肉文化の現状等が掲載されております。
  この文化史は、国立国会図書館・都道府県立図書館・都道府県農林担当部及び国公私立大学農学部等に配布しております。
  なお、この報告書は非売品であり、内容をご覧になりたい方は、図書館等の配布先でお願い申し上げます。




 ハム・ソーセージ図鑑
 平成13年に創立20周年を迎え、その記念行事の一環として「ハム・ソーセージ図鑑」を発刊したものであり、内外の食肉加工品の特徴等を一覧できる冊子はなく、食肉関係者及び消費者等が総合的に理解を深めることが難しい状況にあることを踏まえ、主要な食肉加工品に関する資料を収集して編集し、食肉加工品に対する知識等の普及を図る礎とするため、海外のハム・ベーコン・ソーセージについては、ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・イギリスのヨーロッパ5ヶ国で現地取材して資料を収集し、国内のハム・ベーコン・ソーセージについては、国内の関係機関等から資料を収集して、興味をもって読んでいただけるよう、つとめて平易に編集したものであります。

 この図鑑には、ハム(12カ国、53アイテム)・ベーコン(6カ国、12アイテム)・ソーセージ (17カ国、127アイテム)・食肉加工品(9カ国、24アイテム)及び料理(9カ国、32アイテム)が掲載されております。
 この図鑑は、国立国会図書館・都道府県立図書館及び国公私立大学図書館等に配布しております。
 なお、この報告書は非売品であり、内容をご覧になりたい方は、図書館等の配布先でお願い申し上げます。